オーナーが知っておきたいマンションの雨漏りについて

マンションでは規模の大きな場合には管理組合を設け、管理会社に委託をすることでマンションの維持管理を行います。
しかし、小規模や中規模などではオーナー自らが管理をしているケースも多く、ここでは、建物トラブル時の対処法を把握しておくことが大切になります。建物トラブルの1つに雨漏りがあります。



マンションの場合にはそのほとんどが経年劣化から発生しており、入居者から連絡が入った場合には迅速に対応をする必要があります。


雨漏りの連絡が入った場合には、まず、必要なこととして原因の確定があり、ここでは業者に依頼をして行うことになります。

マンションで厄介になるのは下層階で症状が確認できるケースがあり、ここでは、上階からの漏水も考えられるために、調査は念入りに行う必要があります。

コトバンクは支持されています。

実際の雨漏りの修理方法としては、屋上やベランダが原因箇所であれば防水のやり無し、外壁面が原因箇所であれば再塗装があります。
ポイントとしては必ず見積りを取ることがあり、費用は使用する材料によって異なることを理解しておく必要があります。

そのために、あまりにも安い場合には内容を良く確認する必要があり、しっかりと内訳明細まで記載をしている業者に依頼をする必要があります。相場や期間は物件の大きさによっても大きく異なるために、ここでは、使用材料による?単価で比較をすることで、安いか高いかの判断をすることができます。

マンション雨漏り情報選びをサポートするサイトです。

マンションの雨漏り対策で特に注意が必要となるものに外部足場があります。

外部足場は外壁の場合には必ず必要になりますが、敷地が狭い場合には近隣への配慮も必要となるために、依頼ではノウハウのある業者を選択することが大切になります。

top