戸建てと異なるマンションでの雨漏りについて

雨漏りは、戸建て、マンションに限らず起こり得るトラブルの1つですが、マンションの場合には対応が異なることを理解しておく必要があります。
戸建ての雨漏りは、原因として経年劣化や施工不良、自然災害による損傷などが考えられますが、マンションの場合には、そのほとんどの原因は経年劣化によって生じています。


最も多いものとしては屋上の防水の劣化があり、ベランダなどで外部空間となっている場合でも、そのほとんどが防水の不具合が原因となっています。マンションの雨漏りが厄介な点としては、まず1つに、原因箇所が共用部分となっている点があります。

そのために、修理を行うには、まず、管理会社を通す必要があります。ここでのポイントは管理会社の対応能力があり、調査や修理の手配など、迅速な対応が行われない場合には入所者は非常に困ることになり、場合によっては感情的なトラブルに発展してしまうこともあります。



そのために、入居においては管理体制がどうなっているのか、しっかりと把握をした上で判断をすることが重要になります。



2つ目としては原因の特定があります。


最上階やベランダなどの窓際であれば特定は比較的簡単に行うことができますが、問題は下層階があります。

この場合、原因が雨漏りの他に漏水の可能性もあり、十分な調査が必要になります。もし漏水が原因であれば入居者同士で解決を図る必要があり、損害賠償に対応をするためにも火災保険には加入をしておく必要があります。



雨漏りが原因の損害に関しては、通常、管理組合では損賠賠償保険に加入をしており、ここから補償を受けることができます。


top